新型うつ病の症状とは|心を安定させる法則

うつ病改善これから先、笑顔で過ごせるために

治療に周囲の協力が必要

レディ

新型うつ病は従来型のうつ病と違い詐病と見られやすいことが多く、治療に悪影響を与えることがあります。悪影響を与えないためにも、周囲の人間は病気について理解を深め、医師と協力をして患者と接する必要があります。

理解されにくい病気

ナース

新型うつ病は、定型うつ病と異なり、好きなことをするときには活動的になれるため、周りからなかなか理解されない病です。病の改善には、周りの人の協力が必要となる他、自身の体調管理に気を配ることで症状が改善に向かうことがあります。

知的な人が多く発症する

ドクター

従来のうつ病の症状とは逆

精神疾患で意外と多いといわれているのが、うつ病です。一般的によくいわれているうつ病は、責任感の強い人がなることが多く、仕事や人間関係のストレスから発症することが大変多いようです。しかし最近では、自分が仕事で失敗したのは自分ではなく、他人のせいだと他罰的に考えて気分が落ち込んだりする新型うつ病を発症する人が多くなってきています。また、従来のうつ病と新型うつ病との大きな違いは、仕事場や自宅あるいは時間的なものに限らず、常に気分が落ち込んだままの状態なのが従来のうつ病です。しかし、仕事場等、自分がストレスを感じる場所でのみ発症して消極的になるものの、自分の好きなことややりたいこと、例えば趣味等に関しては大変積極的になるのが新型うつ病です。その他の違いとして従来のうつ病は、仕事等で失敗した際の怒りの矛先を自分向けており、最もうつ状態に陥るのが午前中、悪化する場所は職場や自宅等を問わず、食欲不振、不眠症等が挙げられます。これに対して新型うつ病は、失敗した怒りの矛先を他人に向け、気持ちの浮き沈みが激しく、悪化する時間帯は特に夕方、悪化する場所は仕事場や学校等の自分の嫌な場所のみ、過食で過眠という点が大きな違いといえるようです。また、新型うつ病を発症しやすい人の特徴としては、子供の頃から虐待されてきた、あるいは過保護で育てられてきたなどがあります。また、周りの人の言葉に過敏に反応してしまったり、必要以上に相手の顔色を窺ったりする人も発症する可能性があるといわれています。さらには、人見知りする、協調性がなくプライドが高いなども挙げられます。新型うつ病の特徴を全体的に見てみると、自分は誰よりも最高の人間だ、誰よりも仕事ができる等、自己愛や自分への賞賛が大きい人がなりやすいケースが多いです。新型うつ病の治療については、精神科や心療内科でのカウンセリングや認知行動療法という治療が中心となるようですが、職場や社会の中での自分の役割や立ち位置を理解してもらう等、本当の自分の姿や人間性を知り、本当の自分自身と向き合うことで、現実社会に溶け込めるよう矯正していきます。新型うつ病を発症する人は、知的水準が高い人が多く、それ故にプライドが高い人も多いことから、十分なカウンセリングを行うことが治療の第一歩となるでしょう。

うつ病が疑われたら

悩む人

現代では、従来のうつ病に加えて「新型うつ病」と呼ばれる症状があります。従来型とは異なる症状のため、病気に気が付かなかったり、周囲から誤解されたりもします。大事なことは早く病気を自覚して、専門医を受診することです。

複雑な心の病

ハート

新型うつ病と呼ばれる非定型うつ病は、一般的なうつ病とは症状や周囲への影響、患者像も大きく異なるため、第三者がうつ病の一種であることを理解するのは、難しいことかもしれません。世間の正しい認識の獲得が、この病気の今後の課題といえるでしょう。

若い世代で増加するうつ病

相談

最近、若い世代で増えているのが、新型うつ病と呼ばれるタイプです。中高年層に多い従来のうつ病とは症状が異なるため、周囲に誤解されて叱責される場合もあります。家族や職場等では、病気に対する理解を深めてサポートしながら治療を進めることが大切です。