新型うつ病の症状とは|心を安定させる法則

レディ

若い世代で増加するうつ病

相談

周囲の支援で症状を改善

近年、従来のうつ病とは異なる特徴のある、うつ症状の若者が増加しています。この新しいタイプのうつ病は、新型うつ病とも呼ばれています。従来型は、おもに仕事上のストレスが原因となるケースが多く、責任感が強くてまじめな人が発症しやすいものでした。主な症状としては、無気力や極度の疲労感があります。また、食欲不振や体重減少、不眠なども挙げられます。一方、新型うつ病は「非定型うつ病」と呼ばれており、従来型とは正反対ともいえる症状が現れます。たとえば感情の波が激しくなったり、過食により体重が増加したりすることがあります。ほかにも過眠になる人もいて、無責任で責任転嫁を考えるようなタイプの人がかかりやすいことが特徴です。従来型のうつ病は中高年層に多く見られますが、新型の場合には20代〜30代の比較的若い世代で主に発症しています。この新型うつ病を引き起こす原因とされるのも、やはりストレスの蓄積です。ただし、従来型うつ病が会社や組織への忠誠心から自己喪失に陥るのに対し、新型うつ病は厳しい現実に直面した結果、挫折して発症するものと考えられます。おそらく、複雑な現代社会ならではの価値観や生活環境などの変化が、若者たちに影響を及ぼしているのでしょう。職場における具体的な行動は、会社との一体感が希薄といった点や、仕事にも熱心に取り組まないという点が見られます。また、不安感や依存心が強く、批判には敏感で態度が攻撃的になることもあるようです。さらに、過眠や過食、好き嫌いが激しくなるなどの傾向が現れる場合もあり、周囲の誤解を招いて厳しく責め立てられ、孤立することも珍しくありません。ですから、新型うつ病の症状を改善するためには、患者を取り巻く人々の理解とサポートが不可欠となります。まずは、本人の話によく耳を傾けて、人間関係をスムーズに保てるように手助けをすることが大切です。ただし、叱責やマイナス面を指摘するような行為は、病状を悪化させる恐れがあるので要注意となります。家族の方たちは、心身のリズムが整うように規則正しい生活で支援しましょう。勤務先では、職場環境を変えたり、業務内容を見直したりするなど、ストレスを軽減するための対策が必要となります。また、信頼できる主治医を探し出して、早期に治療をスタートすることも大変重要です。専門家の適切なアドバイスを受けながら、本人はもちろん、家族や周囲の方たちも協力しながら、快復をめざしていきましょう。