新型うつ病の症状とは|心を安定させる法則

レディ

複雑な心の病

ハート

新たな精神疾患

近年、一般的なうつ病とは異なる新たな心の病が増加しています。いわゆる新型うつ病と呼ばれる病気ですが、一般的なうつ病と何が異なるのでしょうか。新型うつ病にはいくつか種類があり、正式な病名ではありません。新型うつ病のうち、特に多い非定型うつ病のことを、新型うつ病と呼称することが多くなっているようです。一般的なうつ病は、中高年の男性に患者が多く、早朝から午前中の時間帯に憂鬱な気分になることが多い症状です。また、不眠になり、食欲が低下し、体重が減少します。そして、自分を責めてしまう様な心理状態になるのが基本症状です。一方、非定型うつ病は、若い世代、特に若い女性に患者が多く、夕方から夜にかけて憂うつになることが多いとされています。感情のコントロールが難しくなり、非常に傷付きやすく、周囲にどう思われているのかを異常に気にするようになります。また、過食に走るという症状も見られ、体重も増加することが多いようです。さらに、過眠傾向が強まるとされています。全てにおいて気力がなくなってしまうので、一般的なうつ病とは対照的です。そして、自分のやりたいことは出来て、嫌なことだけが出来なくなるため、周囲の人間からは病気であることが分かりにくく、理解されにくいでしょう。周囲に自殺をほのめかし、辛い気持ちを分かって欲しいというようなアピールをすることもあるようです。また、一般的なうつ病のように自責の念にかられることはまれで、むしろ他罰的な傾向が強くなり、他人を批判することが多くなります。そのため、周囲との関係が悪くなってしまい、病状の悪化に拍車をかけてしまうことも少なくありません。また、一般的なうつ病に比べて薬が効きづらく、治癒の難しいタイプのうつ病であるとされています。このような非定型うつ病に代表される、いわゆる新型うつ病は、診断基準も曖昧です。パニック障害やパーソナリティ障害といった他の精神疾患と間違って診断されてしまいやすい病気であるため、病名の特定には患者自身やその家族も慎重になるべきではあります。しかし、非定型うつ病は従来の一般的なうつ病とはかなりイメージがかけ離れているため、職場ではまだまだサボりのように認識されているのがこの病気の現状であるといえるでしょう。若い世代の発症率が高いという点も、このように認識されてしまっている要因と言えます。